マンション管理士について

マンション管理士とは

マンション管理をサポートする国家資格者です

平成13年8月1日に施行されたマンション管理適正化法により、
国土交通大臣の登録を受けて管理組合の運営その他のマンションの管理に関し、
管理組合や区分所有者の方の相談に応じ、助言、指導を行う者としてマンション管理士制度が創設されました。
マンション管理に関して管理組合側に立脚した立場で
助言、指導、その他の援助をする国家資格者がマンション管理士です。

マンション管理組合について
分譲マンションの区分所有者が、全員で建物、敷地、付属施設の管理を行うための団体です。区分所有者である限り当然に管理組合の構成員となります。
管理組合の業務内容
①マンションの建物や設備の維持管理を行う。
②安全で快適なマンション生活を営めるように管理組合の運営を 行う。
③管理組合はそのために長期的な修繕と改修を計画実施する。

マンション管理士とは

管理会社について
管理会社は出納・会計・長期修繕計画などの事務管理業務、受付・点検・立会・報告連絡・管理補助などの管理員業務、清掃、設備管理等を行ないます。
管理会社の業務内容
①事務管理業務
②管理員業務
③清掃業務
④建物・設備管理(点検)業務

マンション管理士の役割

管理組合の自主的な活動を支える。

管理組合の自主的・自律的な活動を支える。

マンション管理の各業務に関して、管理組合側に立った助言、指導、その他の援助をし、皆様が主体的に適正な判断を下すことができるようにお手伝いします。よって、自主管理のマンションはもちろんですが、管理会社に管理委託されているマンションこそマンション管理士の存在意義があると言えます。

管理組合の合意形成に向けて条件づくりをする。

管理組合の合意形成に向けて条件づくりをする。

マンション管理組合はマンションを共同で管理するための組織ですので、管理組合運営は区分所有者合意形成に基づいて運営される必要があります。管理組合運営を円滑にするため専門的知識と経験により適切な助言や指導を行ない、滞納問題、駐車場問題、ペット・騒音問題等に対しても、解決に向けた指針を示します。

業務内容

管理組合運営支援

理事会の安定した運営サポートや、課題の整理、プロ目線での中立的なアドバイスなど、マンション管理顧問としてお客様をサポートいたします。各種提案や活動が法的に問題ないかの助言も可能です。

マンション管理顧問

セミナーの開催

大阪府大阪市の新大阪マンション管理研究所では、マンション管理における適切な知識を得ていただけるよう、各種セミナーを定期開催しております。潤滑なマンション運営にぜひお役立てください。

セミナーの開催

相談窓口

マンション管理のアドバイザーとして、皆様からのさまざまなご相談を承っております。管理組合の理事会や修繕計画の進め方など、専門家ならではの知識とノウハウで幅広くサポートいたします。

相談窓口

市役所等の相談員

市役所の市民相談コーナーなどでの相談員を承っております。マンション管理のプロ(マンション管理士、一級建築士等)として、市民の皆様からのご質問に的確なアドバイスをさせていただきます。ご必要の際はぜひ当事務所までご連絡ください。

市役所の相談員

スタッフ紹介

佐藤 武

佐藤 武

資格
マンション管理士 一級建築士 ビル管理士
管理業務主任者
経歴
設計事務所、ハウスメーカー、マンション管理会社 勤務を経て現在に至る。
顧問業務を始め、マンション管理運営全般、及び業務監査を行っています。
一言

宜しくお願いします。

日浦 弘章

日浦 弘章

資格
一級建築士 一級建築施工管理技士
管理業務主任者 宅地建物取引士
経歴
設計事務所、建設会社、等を経て現在に至る
建築設備維持保全業務を担当しています。
個人事業主として、建築や設計・リフォーム工事等も行っております。
一言

しっかりサポートしていきますので、宜しくお願いします!

よくある質問

管理費が適正であるかどうかを判断できません…

管理会社に支払う管理費は、1つひとつの管理業務内容に要するコストを試算しながら判断します。管理会社の管理委託業務費に関しても、きちんと内訳を説明してもらいましょう。

管理会社の変更を考えているのですが可能でしょうか?

管理会社の変更はもちろん可能です。ただし、管理組合と管理会社の間で交わされた委託契約の、契約更新・解除の取り決め条項に基いて契約を解除、新しい管理会社との委託契約を交わします。

管理費の交渉をしたいのですがどうすればいいのでしょうか?

管理費の値下げ交渉を行なう場合は、ただ高いから下げて欲しいというのではなく、きちんと値下げ要求の根拠を理事会でまとめ、資料を提示しつつ交渉することが大切です。正確な資料を作成するのは知識を要しますので、専門家へのご依頼をおすすめいたします。

管理規約を変更することはできますか?

区分所有者総数及び議決権総数の4分の3以上が賛成する、総会の特別決議によって変更することができます。ただし、変更によって一部の区分所有者の権利に特別の影響を及ぼす場合は、その承諾を得なければならないとされています。

住民に大規模修繕への関心を持ってもらいたいのですが…

大規模修繕は住民様のご理解とご協力が必須です。建物の耐久性・機能を高めることが日常生活に及ぼす影響をしっかり理解していただく、啓蒙活動が欠かせません。マンション管理士等の専門家によるセミナーの開催も、住民様の意識向上に効果的です。

TEL06-4807-0204 FAX06-4867-4345

お問い合わせ